MENU

車を廃車する基準とどのタイミングで廃車にするか

クルマを廃車にするときの基準やタイミングは何でしょう。

 

単純に必要がなくなったから処分する、古くなったから処分するというのではもったいないです。
クルマは家具や家電に比べると、はるかに価値があり、残存価値に見合った金額で売ることもできるからです

 

廃車のタイミングとして、クルマが寿命を迎えたときという考えがあるでしょう。
ひと昔前だと10年10万キロがクルマの寿命の基準としてよく使われていました。

 

しかし、最近のクルマは10年10万キロどころか、20年20万キロでも走行が可能になってきています。
個体差もあるので、単純に古いからとか、あるいは走行距離が多いからということだけでは、
廃車にすることは難しいです。

 

高額な費用が必要な故障が発生したり、頻繁に故障が発生するようになると寿命と考える人もいるでしょう。
修理代を考えると、新しいクルマを購入したほうが得となるようであれば、寿命と考えても間違いではないでしょう。

 

ただ、消耗部品などの交換は故障ではありません。
ベルト関係やゴムでできているものは経年劣化がありますが、新しいものと交換することで問題はなくなります。

 

ただ、年式が古くなってくると、その交換部品そのものの製造が終了してしまいます。
こうなると、クルマは問題なくても、それ以上乗り続けるのが難しくなってきます。

 

一台のクルマを乗りつぶすまで使い続けることができれば、エコの観点からも素晴らしいことです。
ただ、年式が13年を過ぎると税金が高くなります。

 

燃費が悪くなるからというのが理由の一つにあり、逆に燃費の良いクルマは免税、減税措置があります。
ただ、廃車にすれば、その分ゴミが発生するわけで、地球環境のことを考えれば燃費だけで判断するのは無理があります。

 

廃車を検討するなら必ず買取業者に査定を依頼する

 

また廃車にするタイミングより以前に、一度買取業者から査定してもらうことをおすすめします。
自分では、もう売れないだろうと判断したとしても、売れる場合があるからです。

 

国内では買取手がいない場合でも、海外に販売することもあります。
だから、実際に査定してもらわないと、本当に売れないかどうかはわからないのです。

 

査定の方法も、1社の買取業者にのみ査定してもらうのではなく、
一括査定サイトなどを利用して複数の買取業者から査定してもらうことが大切です。

 

10社のうち9社が査定ゼロでも、1社が買取価格を付けてくれるかもしれないからです。
売れるかどうかは、実際に査定してみなと誰にもわかりません。

 

*廃車の基準とタイミング

 

車は何キロ走ったら廃車にすべきか?距離の基準

 

自動車の寿命は、よく聞く数字ですが、かつては10年10万キロと言われていました。

 

性能が昔と違って良くなってきていますから、10万キロについては、
12キロから15万キロくらいまでは大丈夫という声も多く聞くようになってきています。

 

 

現に、自動車メーカーに聞くと、「一概には言い切れませんが」という前置きが必ず付きますが、
「走行距離で15万キロ、耐用年数で10年を一つの目安にしたらいいでしょう」という答えが返ってきます。

 

一概に言い切れないというのは、乗っている人のメンテナンスに対する意識と実際で変わってくるということなのです。

 

法定の車検は2年間で受けるのが普通ですが、そのときに車検をパスすることだけを目的としているか、
自動車の整備を兼ねているかでは大きく異なります。

 

また、一年点検も同じで、メーカーの販売店とメンテナンス契約をして、オイル交換などをはじめてとして、
必要な部品交換が適切に行われているかでも、変わってくるというわけです。

 

6カ月点検まで行い、手入れも部品交換もこまめに行っているとなれば、長持ちするのは当り前になります。

 

運転の仕方でも大きな影響があるので注意が必要になります。
運転のくせということにも左右されますが、急発進、急ブレーキ、加速の仕方次第では、
寿命に悪い影響を与えることになります。そういう意味では、運転する人の性格にも関係があると言えそうです。

 

軽とか小型か、大型がでも違ってきます。軽や小型はエンジンが小さいので、回転数が高めであり、大型はエンジン出力にも余裕があるので、長持ちします。
アメリカなどで、日本のものは性能がいいので、オーバーな表現ですが、30万キロは走れると言われていますが、こちらは高速で運転することが多いとか、信号待ちが少ないという道路事情も関係があってのことのようです。

 

また、日本の場合でもタクシーは15万キロ以上も乗られていると言われますが、タクシーの場合は、お客様の安全という視点もあって、それこそ毎日点検し、整備もしており、必要であれば部品交換もこまめに行っているということ、それに加えて運転技術が優れているということも見逃すことができません。
となると、一般的にはやはり10年15万キロというメーカーの目安が正しいものであり、それを基準として、大きさや普段の整備状況、運転の状況などを踏まえて判断するのがいいということが言えそうです。
万が一、判断がつかない場合は、メーカーの販売店とか、整備してくれるところに相談すれば、適切な答えがもらえます。

 

備考*廃車の基準で悩むなら車を査定に出しましょう

 

 

車は事故にあったら廃車すべきか?

自動車を所有している方ならば、その多くの方が任意保険になる自動車保険に加入を行っています。自賠責保険ではカバーすることができない部分を補償するために加入を行っていることになり、物損事故でも対応することができます。自動車に乗っていると時には思わぬアクシデントに遭遇してしまうこともあり、交通事故などは代表的な内容です。事故にあった際には廃車にすべきがどうかで判断が迷ってしまう場面もありますが、この点に関してはマイカーの価値と修理費用を確認しながら行動することも良い方法です。例えば30万円しか価値のないマイカーに対して70万円の修理費を保険から出す方法については、あまり現実的とは言えない内容になるので、このようなケースでは修理をしない方向で考えることも得策です。加入している保険内容によっても違いがあり、相手のいる事故でお互いに対物賠償などに加入をしている状態では、大きな問題になることが少ないものですが、自損事故を起こしてしまい、車両保険に加入をしていない方のケースでは、修理をする際には大きな出費が必要になってしまうことがあります。この状態にある方の場合では、事故にあった際には修理をしない方法を模索することが良い方法になり、現在では破損してしまったマイカーでも買取りを行っている専門業者が多数あるので、相談をしてみることもおすすめです。例えばインターネットを使うと便利に役立つ場合があります。インターネット上には破損しているマイカーでも一括査定を受けることのできるサイトが存在しています。このようなサイトの場合では、事前にマイカーの状態を入力する画面があり、中には写真撮影を行って画像として添付する方法を採用しているサイトもあるので、破損している状態を事前に上手に伝えることができます。このような方法で査定を受けた場合では、マイカーに対して興味を持った専門業者が現れることになるので、高い査定額を出している専門業者に売却する方法で、お得にマイカーを手放すことができます。専門業者側では、破損している状態でも修理工場で直してから販売する方法を選択している場合や、状態次第では中古パーツを取るために買取りを行っている業者も存在しています。海外に輸出するために買取りを実施している専門業者も数多くあるので、スクラップなどの処理に出してしまうことを考える前に、一度は無料の一括査定サイトを使ってみることが最もおすすめの方法です。