廃車の手続と方法を詳しく紹介

MENU

廃車の手続と仕方方法を詳しく紹介

廃車は、これまで乗っていた自動車に乗らなくなる、盗難や事故などで乗れなくなった、一時的に乗ることをやめる、自動車を解体した、といったさまざまな状況において手続をする必要があります

 

正式には、抹消登録と言い、現住所を管轄している運輸支局で手続をします
この手続には種類があり、永久抹消登録と一時抹消登録というものがあります。

 

永久抹消登録は、解体を済ませている場合に行なうものです。
災害などで使用できなくなった自動車にもこの手続をする必要があります。
具体的な流れとしては、既に解体を終了させた上で、ナンバープレート、必要書類を揃え、永久抹消登録の申請をします。その後、月割計算で自動車税が還付される形となります。

 

車検が一定期間以上残っている場合には重量税の還付がされ、自賠責保険が一定期間以上残っている場合にも、保険会社に申請することで保険料の還付を受けることも可能です。
還付についてはそれぞれの管轄している会社などに問い合わせすることで詳しく確認することが出来ます。

 

一時抹消登録の流れも、同じような形となりますが、こちらでは解体処理は行なう必要はありません
そのままの状態で、ナンバープレートと必要書類を用意し、運輸支局に申請することになります。一時抹消登録を行なったあとに解体する場合には、解体届出を申請する必要があります。

 

同様に、自動車の所有者が変わる場合には、所有者変更記録の申請、自動車を再使用する際には中古新規登録の申請を行ないます。

 

廃車手続では、永久抹消登録、一時抹消登録、解体届出のいずれかを用意した上で必要となる書類が異なるので注意しましょう。

 

例えば、店で永久抹消をする場合には、印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、移動報告番号、解体報告記録がなされた日をメモ書き、罹災した場合には罹災証明書を準備します。

 

また、自動車を廃車する際には費用が必要となります。
永久抹消登録申請書の用紙代以外にも、廃車手続き代行料などが店によって設定されているので、それを用意しましょう。
書類などは店側がほとんど準備してくれる場合もありますが、自分で手続を行ないたいという人は自分の手で準備しなければなりません。

 

そのため、必要な種類などは何かを申請する前にきちんとチェックしておくことが重要です。申請に関しても当日に慌てないためにも、事前にHPなどで確認したり、問い合わせて不安が無い状態にしておくと良いかと言えます。

 

普通自動車の廃車手続き方法

 

所有していた普通車を買い替えなどによって使用しなくなった場合、廃車ということになりますが、この場合には管轄の陸運局にて手続きを行う必要があります。

 

廃車手続きには二種類あります。
ひとつはナンバープレートを取り外して一時的に使用をやめる『一時抹消登録』。
もうひとつは解体処理を経ることによって永久的に使用をやめる『永久抹消登録(解体抹消)』です。

 

一時抹消登録の詳しい方法

一時抹消登録の方法ですが、まずナンバープレートを取り外しが必要となります。
ナンバープレートには封印(後部ナンバープレートの左上)がされていますので、一旦封印を解いてしまうと再封印や仮ナンバーを借りたりしない限り公道での走行が不可能となりますので注意が必要です。

 

取り外したナンバープレートを陸運局になる標板協会に返還。
返還を証明するスタンプを貰い、陸運局での一時抹消登録に移行します。一時抹消登録には本人の実印と印鑑証明書、そして手数料350円が必要となります。
一時抹消登録を行うことによって翌年3月31日までの自動車税が月割で返還されることになります。
もしも一時抹消登録後に引き取り手が見つかった場合には再登録して新たなナンバープレートを取り付けることにより再使用が可能となります。

 

永久抹消登録とは

この一時抹消登録はあくまでも一時的に抹消するためのものです。
これに対して『永久抹消登録』はその名のとおり永久的に抹消するものです。

 

この永久抹消登録を行うには解体が必要条件となります。
解体業者において解体作業が行われ、作業が完了しますと『移動報告番号』が交付されます。
この移動報告番号は永久抹消登録の際に記載しなければなりません。

 

ですから、永久抹消登録を行う時点で車そのものは永久的に形が失われている状態にあるのです。この永久抹消登録を行うと、継続検査有効期間までの重量税の還付を受けることが出来ます
還付金がある場合には、永久抹消登録の申請書に還付金を受け取るための銀行口座を記入する必要があります。その際にはマイナンバーの記載を求められることがありますが、マイナンバーを記入しなくても申請自体は通ります。

 

重量税の還付について

重量税の還付は一時抹消登録のみでは受けることは出来ませんので注意が必要です。
多くのケースではとりあえず一時抹消登録を行い、解体作業の完了をまってから永久抹消登録が行われています

 

もちろん、一時抹消登録を経ないで永久抹消登録を行うことも可能です。
手続き的には個人でも出来る簡単なものです
ただし解体作業は個人では不可能(移動報告番号を出すことが出来ません)ですから専門の解体業者に依頼する必要があります。

 

 

軽自動車の廃車手続き

所有する軽自動車を買い替えや経年によって使用しなくなった場合、そのまま放置しておくと毎年税金が課税されてしまいます。
使用しなくなった場合には必ず廃車手続きを行わなければなりません。
 
この手続きは二種類あり、まずは一時的に使用を中止する際に行う『一時抹消登録』。そして、解体することによって永久的に使用をしない場合には『永久抹消登録(解体抹消)』を行います。

 

これらの手続きはどちらも管轄の検査協会で行うことになりますが、いずれにしてもナンバープレートを取り外し、標板協会に返却しなければなりません。

 

一時抹消登録について

まずは一時抹消登録の手続きですが、検査証と印鑑(認印で可)、そしてナンバープレートが必要となります。また、登録手数料として350円が必要です。この手続きはあくまでの一時的な使用停止を目的としており、後日再登録することも可能です(この場合はナンバーは新しいものとなります)。中古販売業者で販売されているものには、一時抹消登録を行っているものが多く見られます。

 

一時抹消登録のメリットとしては税金の課税が止まるということです。そのまま放置しておくと、翌年も市町村役場から税金を課せられることになります。

 

抹消手続き〜永久抹消登録

二つめの抹消手続きである『永久抹消登録』は、車体そのものを解体することによって永久的に使用不可能とすることが前提です。
解体が行われると、移動報告番号が発行されます。
この移動報告番号は永久抹消登録に必ず必要なものとなります(申請書に記載する必要があります)。

 

この手続きには検査証もしくは一時抹消登録した際の証明書の提出が必要となります。

 

普通車と軽自動車の廃車手続きの違い

普通車と大きく異なる点は、いずれの抹消手続きを行っても税金の還付は行われないことです。
ただし、前述したように抹消登録を行わないと、翌年度税金が自動的に課せられてしまいます

 

多くのケースでは一時抹消登録をまず行い、その後解体作業の終了をまってから永久抹消登録が行われています。
ただし、一時抹消登録を経ずに永久抹消登録を申請することは可能です(再び使用しないのであれば最終的には永久抹消登録を行う必要があります)。

 

このように、軽の廃車手続きは一時抹消登録と永久抹消登録の二種類が存在しますが、いずれも専門的な知識が無くても個人で行える非常に簡単な手続きとなっています

 

時間に余裕があるのであれば、経費節約のために自分で手続きを行うことをお勧めしますが、時間的に余裕が無い場合にはやはり行政書士に手続きを代行してもらうべきです。

 

トラックの廃車手続き

一口にドライバーと言っても、さまざまな種類の車を所有しているものです。
中にはトラックを自己所有しておりトラックドライバーとして会社に雇用されることなくフリーで活動している人もいます。購入時には大きな出費となりますが、仕事すればそのがんばった分がそのまま報酬に直結しますし、仕事量をある程度自分で調節できるのは魅力です。

 

ただ事故や何らかの事情でトラックを廃車にしなければならなくなったときにも自分のトラックですから自分で廃車手続きをしなければなりません。
とはいえ、大型特殊や被牽引自動車・トレーラーでない限りは普通自動車と扱いは同じです。

 

もう自身が乗れる状態でもなく中古として売り出すのも難しいのであればスクラップにしてしまう永久抹消登録を行なわなければなりませんし、だれかに渡したり長期間乗らないことが分かっているときには一時抹消登録となります。

 

リサイクル料金を支払っているのであれば陸運局で自分で手続き申請すれば無料で行なうことができます。
とはいえ、必要書類の用紙購入代で100円ほど、一時抹消なら登録手数料として350円かかります。
永久抹消ならスクラップ費用で1万円から2万円程度解体料がかかるでしょうし、解体する場所まで運んでいくためのレッカー代の支払いも考えておかなければなりません。完全に無料ですべての手続きができるというわけではないのです。

 

永久抹消登録であれば先にナンバープレートを外した上で解体を行い、解体に係る移動報告番号と解体報告記録日を持って陸運局に行き印鑑証明とともに提出となります。
一時抹消登録の場合は、そのまま陸運局で書類記入を行いナンバープレートを返却することになります。
それぞれに必要となる書類や手続きの流れが違ってくるので注意しましょう。

 

ナンバープレートを外してしまったらもう日本の公道を走らせる事はできません。ナンバープレートを返却した時点でたとえスクラップしていなくても乗れないので陸運局から自宅に帰るまでの流れを考えておく必要はあります。

 

乗る事ができないものをずっとおきっぱなしにしていても税金はかかります。トラックのような大きなものの場合は置き場所にも困るでしょう。

 

無駄なお金を払い続けないためにも、早めに手続きを済ませてしまいましょう。忙しくてやる暇がなかったり、やり方を調べたり書類を揃えたりするのが面倒だという方は、変わりに手続きを代行してくれる業者もあります