MENU

水没車は廃車にすべきか?

日本は四季折々の自然の風景が楽しめる美しい国ですが、一方で様々な自然災害が多い国でもあります。
その中でも昨今増えているのが、ゲリラ豪雨などの水害です。
日本全国どこの地域にでも起こりえる災害ですのでしっかりとした対策が必要ですが、どうにもならないのが浸水による被害です。
もしも、少し地面から高い位置にある建物の床が水につかったのであれば、それよりも低い位置に停めてある車は必ず浸水で水没しているといえます。

 

そこで知っておきたいのが、もしも、愛車が水没してしまったらどうするのかということです。

 

車は雨の日などは水たまりの上を走ることもありますので、タイヤが浸かった程度であれば、基本的に問題はありません。
しかし、マフラーの排気口やバンパーの下部まで浸水してしまうと、走行性能には大きな影響が出るとされています。
特に昨今は、多くの部品が電子制御されていることから水に弱くなっていますので、浸水被害に遭った時には、どこまで水に浸かったのかをまず確認するようにしましょう。

 

次に考えなければいけないのが修理代を保険で補えるかどうかという点ですが、もしも、修理代を補えないような場合は自己負担となりますので、この時点で処分することを検討した方が良いでしょう。
例え、修理したとしても冠水歴車となりますので、あとあと買取に出すような時にほとんど値がつかないという可能性も考えられますので、そうした面も踏まえてどうするのかを決めるべきです。

 

様々な点を考慮して処分することを決めた場合、解体業者に解体の依頼をして、ナンバープレートを返還して、登録を抹消してもらうというように基本的には通常の手続きの流れで問題ありません。

 

しかし、これでは費用が発生してしまいます。
特に災害に遭った時は金銭的な余裕があまりない状態といえますので処分費用の負担は大きくのしかかってくるはずです。
ですので、出来るだけ費用を抑えたいというのであれば、
このような状態でも買取可能な専門業者を探すことがおすすめです

 

こうした専門業者は、まだ使えそうなパーツや金属部分をリサイクルするなど、様々な方法で使えなくなった車に価値をつけてくれますので、パーツなどの状態によっては処分したうえでさらに売却金が得られる可能性もあるのです。

 

また買取業者によっては煩わしい手続きの手間なども全て引き受けてくれるところもありますので、時間的な余裕がないような場合にも活用しやすいのです。

 

水没車の修理方法

自動車を運転していると事故に巻き込まれる場合があります。
どういった事故に巻き込まれてしまうかは人によって違いますが、事故に巻き込まれないようにどれだけ注意して運転を続けていても絶対に事故を避ける方法はありません。

 

運転している自動車の状態、運転している道路の環境等の細かい要素で事故は発生します。
また、これ等の要素は他の運転している自動車の方も注意しなければならないので、自分に問題が無くても他の方が何らかの理由で事故を起こしてしまう可能性もあります。

 

事故はどれも危険な物が多いですが、中でも特に水没関係の事故はとても危険です。
自動車は様々なパーツが組み合わさって走れるようになっています。
パーツのどれか一つにでも問題が発生すると運転する事すら難しくなってしまい、そのまま制御不能で予想していなかった所に走って行ってしまう事故も多いです。

 

海や川の近くだとそのまま水没してしまうケースもあります。命に係わるような危険な事故ですが、運転中に脱出をしたりすぐに救急隊員に連絡をする事で助かる可能性もあります。
しかしどれだけ自分の怪我を防ぐ事が出来ても自動車が水没してしまっている為、運転出来なくなってしまう可能性が高いです。新しく購入される方も居ますが、場合によっては修理出来る事もあります

 

修理する方法は二つあります。
一つは自分で修理をする方法です。水没してしまうと内部に大量の水が入ってしまう事で様々なパーツが錆びて劣化してしまう事が多いです。こうなると今まで通り正常に動かす事が出来なくなってしまうので、真っ直ぐに走る事が出来なかったり、エンジン自体がかからなくなってしまいます。

 

しかし精密パーツも頑丈に作られている物も多いので、水に浸ったくらいでは故障しない物もあります。
パーツがそれぞれ組み合わさっているので故障してしまったパーツだけ捨てて、新しく購入したパーツを組み込む事で今まで通り運転出来るようになります。新品のパーツは自分で購入しなければなりませんが、新しく本体を購入するよりも費用は抑えられます。

 

パーツの組み換え程度なら知識が少しあれば誰でも出来るので安心です。自分で修理するのが難しいようなら業者に依頼する方法もあります。お金はかかりますが、確実に修理して貰えるので知識が無い方が依頼をすると余計なお金がかからず得をする場合もあります。水没したからと諦めず、修理の事も考えてみましょう。