廃車手続きと費用 事故車とは?事故車の定義

MENU

事故車とは?事故車の定義や基準は?買い取ってくれるの?ネットで買取り業者に依頼すると高く買い取って

車で事故を起こしてしまうと、もう廃車にするしかないと考えてしまう人が少なくありません。
確かに、無残につぶれたボディを見れば、誰も買い取ってくれそうもないと考えてしまうことでしょう。
車両保険に加入していれば、保険金が下りるので、それをもとに次の新しい車を購入することもできます。

 

しかし、事故を起こした車の買取価格が減額されてしまうのは確かですが、廃車にしなければならないわけではありません。事故の程度、損傷の程度によっては再び修理し、売ることが可能だからです。

 

今の車はボディが柔らかく作られているので、少しぶつかっただけでも大きくダメージを受けてしまったように見えます。しかし、フレームが損傷していなければ、修理はそれほど難しくはなく、パネルを交換すれば修理完成という場合も多いです。

 

ちなみに、フレームまで損傷がなければ、修復歴もつきません
フレームとは車の骨格にあたる部分で、フレームが変形してしまうと修理が大変になります。しかし、フレームが大丈夫であれば、たとえ事故を起こしたとしても、車全体に与えるダメージはそれほど大きくないために、それを表示する義務がないのです。

 

中古車として販売されている車の中で、修復歴ありとして販売されている車というのは、基本的にフレームまでダメージを負ってしまった可能性が高く、たとえ損傷の程度が軽微だと記載されていても購入には慎重を期す必要があります。また逆に、たとえ修復歴なしと書かれていても、事故歴がないかどうかはわからないという点は注意しておくべきです。

 

修理して売るべきか、そのままか

さて、事故を起こしてしまった車を売る場合、修理した後で売ったほうが良いのか、それともそのままの状態で売ったほうが良いのか悩むかもしれません。
結論からいうと、そのままの状態で売るほうがお得です
買取店は提携業者があり安く修理することができます。だから買取価格が減額されたとしても、修理代金ほどには下がらない可能性のほうが高いのです。これは小さな傷やへこみの場合も同様です。

 

また、事故車を少しでも高く買い取ってもらうためには、インターネットのカーネクストが比較的高く買い取ってくれるのでおすすめです。
カーネクストは全国にチェーン展開を行っている大手の買取及び販売店で、安心して車を売却することができます。買い取った車はそのまま自社の販売網で販売することができるので、中間マージンが発生せず、そのため他店に比べると高値買取が可能なのが魅力です。

 

 

車を軽くぶつけただけで事故車になるの?

かるくぶつけただけでは事故車扱いにはなりません
そう呼ばれる物は、衝突した際に大きく損傷を受けたことによって大規模な改修をした物です。したがって、中古車として買取をしてもらう際にもそのことで減額をされることはないので安心してください。

 

一般的な買取店は、事故歴がある物は買取が相場よりも安くなります。

 

具体的な基準は、重要な部分が交換、修復されているかで決まります。重要な部分は、フレーム、クロスバンパー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエーターコアサポートです。

 

これらは骨格部分を構成しているため、修復があれば本来の走行性能、耐久性を維持できない可能性が高まります。そのため、査定が大幅に下がってしまうのです。逆に言えば、これら以外のパーツが交換されていたとしても走行性能は落ちませんので、減額はされません。

 

もちろん、知識のない査定士の方が査定をした場合には、減額がなされる可能性はあります。そういうときは、その買取店は知識がなくあまり優良ではないということになります。それを見分けることが可能になるという点でも、あらかじめどのような場合に事故車扱いになるかを知っておくことは重要です。

 

重要部分を交換した場合は・・

以上のように、軽くぶつけただけでは減額はされませんが、骨格部分を損傷して直したことがあれば大幅に減額されます。
そういった車は、一般的な買取店では売らない方が賢明です。
そういった物を専門に扱う業者を利用したほうが良いでしょう。その理由は、独自のネットワークを持っているため、一般的なところに売る場合に比べて高く売ることができる可能性があるからです。

 

せっかく売るのなら高く売りたいところですので、売るところを探してみましょう。インターネットで検索することで、そのような業者は簡単に探し出すことができます。
これらの知識を知っておくことで、購入するときにも損をせずに済みます。

 

例えば、事故歴があるのに相場より高いと、その業者は明らかにぼったくりをしようとしています。
そうではないとしても、知識がないことは明らかです。
安いのであれば、あえてそのような車を選ぶ価値はありますが、そうではないのなら、品質の悪いものを高く買ってしまうことになるため損をする可能性があります。

 

そのため、売る場合もそうですが、購入する場合であってもその修復歴の有無についての基準を知っておくとよいでしょう