車検が切れている時の廃車の方法

MENU

車検が切れている時の廃車の方法

車検が切れている時に廃車をしたい時にはどうすれば良いかと考えてしまう人はいるでしょう。
基本的に車検が切れていると公道を走ることができませんので方法としては自分で運転していくのは難しいと思えますが、引き取ってもらう以外の方法もあるのです。

 

車検切れでも公道を走る方法とは

自分が運転できないと思いがちですが、業者まで運転していくことも可能となっています。
その方法となるのが車検が切れていても公道を走ることができる仮ナンバーを交付してもらえば良いのです
仮ナンバーはナンバープレートに赤の斜線が入ったものになりまして、一般的に公道を走れない車に対して一時的に走っても良いという許可を受けた証拠として交付されます。

 

もし仮ナンバーを申請せずにそのまま走行していると道路交通法違反にもなりますし、自賠責保険も同時に切れているとそちらでも違反になってしまいますので、罰則や罰金が科せられてしまいますから注意してください。

 

仮ナンバーの交付申請の方法ですが、各市町村の陸運輸支局や役所に申し込むことで可能となり、必要書類を持参していきましょう。
有効期限は5日ほどになりますので、しっかりとした計画のもとに行動してください。

 

次に考えられる方法は業者に引き取ってもらう方法になります。
こちらの方法の方が取りに来てもらうだけなので簡単と言えます。
買い取り業者に依頼すればレッカーを持ってきてもらい、そのまま解体現場に輸送されていきますから何の心配もありません。
また専門の業者はややこしい手続きも代行してくれるところがほとんどになりますので手間もかけずに終えることが可能となっています。

 

このように方法は二通りになりまして、簡単に言えば自分で手続きをするか、業者に任せるかになります。
それほど難しい手続きではありませんが自分で仮ナンバーを申請して運転をしてとなると面倒な部分もあり、もし自賠責保険も切れていたらそちらの手続きも必要となってきます。
そういったことも含めれば買い取り業者に手続きを任せてしまえば、連絡をすれば自宅までレッカーで取りに来てくれるだけになりますからかなり楽と言えます。

 

また自分が代行して手続きするということも可能ですから家族の人がどうしても自分でできない時は委任状を作成してもらったら良いでしょう。
所有者が海外にいる場合でも書類をしっかりと用意すれば大丈夫になっていますので安心して手続きをしてください。
どちらにせよ方法としては二通りとなります。

 

車検とは?

車検に通ったからといって必ずしも正常なものとは限りません。
そもそも、民間のところとかで出すと民間の人間が車検場にいってとるだけなのです。
つまりは、自分で行けばいいところを他人に任せてほぼ100%の確率で通してもらうという方法であり、それ自体で必ずしも正規の方法でやられているとは限りません。

 

そもそもメーター交換とかをした車の速度と距離が合うはずがないのです。
でもそういうのであったしても公道を走ることを許されています。
その方法は基本的に速度を測るのは、モーターの回転数であるので、モーターの音でだいたい何キロくらいの速度が出ているのかを見定める方法があるので、その方法に当てはめれば基本的に速度の関門をクリアーすることは容易です。

 

また、ライトの光軸検査でもどの角度でやるとちゃんと通るかどうかが変わります。
なので、基本的に自分で出してもできるはずです。しかし、経験が必要です。
昔は回数制限もなかったので、基本的に一日に何回だしても検査してもらえたのですが、最近はそうもうまくはいくことができません。

 

なので、失敗を恐れるのであれば、基本的に民間のところに出してもらったほうがいいです
そうであれば確実に通りますしね。自分で通すというのであれば、時間と労力に耐えられるようにしましょう。そうでないと通すことは相当難しいです。

 

それも失敗するにしても回数の制限があります。失敗が何回許されているのか、その検査にどのように出して通すかの経験は絶対に必要です。今の若い人たちには絶対に勧めません。

 

それは、今の人で急に自分で通そうという考えそのものが無謀だからです。昔であれば、一日休みをとって、入り浸っていればいいかもしれませんでしたが、現在それを行うことができません。

 

できるのででしたら、今でも自分でとったほうが安いかもしれません。
あとは、自分でとるときの面倒な処理があります。
自賠責の保険の更新などなどの書類を集めなくてはいけません。
この辺の処理は出している人間であれば、できるかもしれませんが、ですが、時間と労力を使います。そこまでして、車検の金額を抑える必要がどこにあるのでしょうか。

 

もっと、お金を集める手段というのはあるはずです。使うべきところでお金をちゃんと使うべきです。使わなくていいところでお金を集めればいいだけです。お金を使うべきだと思っている人であれば、車検は他人任せにしたほうがいいでしょう。

 

車検が切れるとどうなるの?

車検が切れていることに気づいたとき、もう二度と公道を走れないと思ってはいけません
まずは、仮ナンバーの発行をしてもらい、車検をちゃんと取り直してもらいましょう。
まずは、工場に持って行ってとるための予約をしてもらいましょう。

 

そこまでの仮ナンバーを発行してもらい、すぐにその工場まで輸送しましょう。
こうすることで、仮ナンバーをつけた状態で、公道を走ることができます。ですが、いつまでも仮ナンバーの状態でできるわけではないので、早めに更新してしまいましょう。

 

更新の処理をしてもらえれば、通常のときと同じナンバーの発行をしてもらえるはずです。
これの一連の方法は「仮ナンバー車検更新」という方法です。この方法もれっきとした方法です。
なので、レッカー移動とかをする必要なんてないのですよ。

 

しかし、仮ナンバーを発行する手順がちょっと面倒だったりします。
基本的には市役所などにいくと仮ナンバーの発行をしてもらうことができます。しかし、この仮ナンバーに関してちゃんとその車種にあったナンバーなのかを確かめなくてはいけません。

 

仮ナンバーにも一応種類があります。バイクの仮ナンバーの取得で申請したはずなのにきたのが、普通車のナンバーだったりすることもあるらしいです。ですので、その辺はちゃんとチェックしておかなければいけません。

 

たとえば、工場に運んでいるときに、スピード違反などによって警察から切符を切られたときに、ナンバーや書類のチェックもさせられます。そのときに仮ナンバーの登録等々の確認もちゃんとするはずです。

 

そのときに違う仮ナンバーであったら、もっと違反金もふえますし、点数も引かれてしまいます。まあ、そもそも仮ナンバー状態であるので、慎重に運転しないといけないですよ。
検査前なので、どこの部品がどれだけ傷んでいるかどうかわからないですからね。

 

また、検査に関しても自分で行うこともできますが、この場合は書類の確保や保険などの処理が非常にめんどくさいです。なので、民間やディラーなどで頼んでしまったほうがいいと思います。

 

そうすれば、基本的に面倒な処理は少なくてすみます。それによって、いくらかのお金を取られるかもしれませんが、面倒な処理もないですし、その分の時間をほかに回すことも可能です。なので、必要なお金はちゃんとしはらって受けることをおすすめします。昔はぼったくりなところもありましたが、最近は少ないですから。