自賠責保険を返してもらう方法

MENU

廃車に伴い自賠責保険を返してもらう方法

クルマを廃車(抹消登録)にする際には、税金や自賠責保険で前払いしていた分が還付されます
そのため、業者を通して手続きを行う際には、還付金についてもしっかり確認を取る必要があります。
業者の中には、自分たちが受け取れるように手続きをしてしまう業者もあるからです。
ただ、手数料と相殺するという場合もあるので、きちんと確認をしておくと後からトラブルにもなりません。

 

還付される税金は自動車税及び重量税です。抹消登録に合わせて陸運支局において手続きを行います。
その際には振り込み先の銀行口座が必要になるので用意しておきましょう
業者にすべてをお願いすることもできますが、自分で手続きを行うこともできます。
手数料などを安く抑えたい場合は、自分で行ってみると良いでしょう。
それほど難しい手続きではありません

 

自賠責保険の還付に必要なものについて

自賠責保険の還付に関しては、陸運支局ではなく、
直接保険会社に還付申請を行う必要があります
ただ税金の還付申請とは違い、抹消登録の手続きと同時に行うことはできません
というのは、本当に抹消登録を行ったことを保険会社に証明しなければならないからです。
抹消登録の証明書類は、一時抹消登録の場合は『一時抹消登録証明書』、また永久抹消登録の場合は『登録事項等証明書』が必要になります。

 

また、自賠責保険の還付請求に必要な書類は、抹消登録の他にもいくつかあります
たとえば、自賠責の保険証書、所有者の認印、振込先口座などです。
これらのものをすべて一式そろえて保険会社に提出しますが、直接窓口に行くことができない場合は、郵送で受け付けてくれることもあるので、保険会社に問い合わせてみると良いでしょう

 

還付金の算出方法

還付金額については、廃車にした日から算出されるのではなく、解約申請日より算出されます
そのため廃車手続きを行った後しばらく間をあけてしまうと、その分還付金が少なくなってしまいますので注意が必要です。
また、自賠責保険の残り月数の計算式は『有効期間の最終日−解約手続き日』となります。
残り月数が1ヵ月以上ない場合は、還付されません

 

ちなみに、車検が残っているクルマを買取業者に売った場合は、通常
重量税や自賠責保険が還付されることはありません。
抹消登録が行われていないということもありますが、これら還付金も含めて買取業者に買い取ってもらったと理解します。
そのためぼろぼろのクルマであったとしても、最低でもこの還付金に相当する額での買取は可能ということです。